年末かぁ。

気がついたら1年経っていた。。。今年も忙しい年でした。

 

ひとやすみ。

年末納期でバタバタしてます。
やっかいな時計を納めて、近所のBARでひとやすみ。

 

ジャガールクルト

キャリバー101

キャリバー101

ジャガールクルト製の世界最小ムーブメント『キャリバー101』

写真ではその小ささがよくわかりませんが、マッチ棒の先と比べられるくらい小さい。これが80年も前に作られたことにびっくり。

最近のハイテク機器、素材を使った複雑時計の開発も技術の進歩として面白いが、人間の技術と言うよりは加工機器の精度限界の様に感じる。もちろんその加工機器を開発するのも人間なのだが。

個人的には工作機械の限界ではなく、人間の技術の限界に挑戦していきたい。

機械式時計の全てをご提供 Watchmaker’s Dahlia

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

 
patek

patek

先日お預かりしたパテック・フィリップのアンティーク品。

腕時計なのですが、当時のポケットウオッチをそのまま小さくしたような美しい機械でした。

今ではほとんど見なくなってしまった、ウルフティース、2番車に使われている大きな穴石、細かなところまで完全に仕上げてある。全てが手間のかかった作り。

最近のハイテク素材を使った新しい設計も良いのですが、自分が持つならこのような古典的な時計がいい。

*写真の掲載はオーナー様のご了解を頂いております。

機械式時計の全てをご提供 Watchmaker’s Dahlia

 

羽根のない扇風機

サイクロン掃除機で有名なダイソンの扇風機。なんと羽根が無い。説明されたらなるほどと思うけど、よく考えたなぁ。やられたって感じです。こういった既存の概念にとらわれない製品を作っていきたいものです。

http://www.dyson.co.jp/fans/s_AM01-IRONBLUE

 

アトム!

アトム発見!でも、ちょっと弱そう。いつか作れちゃうんだろうなぁ。

 

どのくらい?

ネジのブログを書いた後に、0.3mmがよくわからないと言った項の質問を頂きました。確かに普通に生活をしていれば、1mmは使っても、0.何mmはあまり使わない。

そこで大まかに例えるとしたら、よく使うシャープペンの芯が0.5mm。0.3mmのネジは、それよりもちょっと細いものにネジが切ってあると思って下さい。

結構細くて小さいです。

 

ネジ

ネジオーダーが多いネジ。特に小さいサイズが多い。写真は上手く撮れませんでしたが、弊社で製作可能なネジの最小サイズ。ネジ部分の径が約0.3mm。+ブルースチールへ熱処理。

よくゴミとかわらないとか言われますが、この1本がないと時計は動かない。でも、この1本があれば、何十年も眠っていた時計でも再び動かすことが出来る様になる。

ネジってすごい発明品です。

 

山手線

普段、地下鉄で通勤しているのですが、久しぶりに山手線に乗ろうとしてびっくり!
来た電車がチョコレート色でした。

気になって調べてみたところ、運行100周年の記念の電車とのこと。
ぶどう2号という色のようなのですが、タイアップしている製菓会社のロゴのせいなのか、どう見てもチョコレート色でした。いつもと違う色の山手線も、レトロなかなかでかわいらしかったです。

 

CG

試作、設計の際にはCGを使います。もちろんCADも使いますが、一般の方に説明する際には視覚的にわかり易いCGの方が便利。イメージもわき易いですし。

あとは、テキスト作り。時計の技術を説明するのはモノが小さいだけに結構大変。CGがあれば、普段は見えないところも説明できる。歯車1_image便利な世の中になったものです。